初デートでドライブがダメな3つの理由

初デートのドライブ

交際成立!となれば、お相手と連絡を取り合って次に会う日を決めます。つまり初デートです。

初デートにはランチをチョイスすることが多いものの、中にはドライブを選択する男性もいるようです。が、私は「初デートはもちろんのこと、お見合いから2~3回のデートではトライブは選択しないほうがいい」というアドバイスをしています。

男性がデートにドライブを選ぶ理由

そもそも男性がデートにドライブを選ぶ理由を考えてみましょう。

    1. 自分の車、運転をさりげなくアピールできる。
    2. 気ままにどこにでも行ける。
    3. 誰にも邪魔されず話がしやすい。
    4. 食事中の無言より、ドライブ中の無言のほうが精神的にラクなような気がする。
    5. 買い物をしても物が邪魔にならない。

まだまだあると思いますが、こんな感じでしょうか?

例えば、大阪でデートする場所を考えた場合、時には車を使ってのドライブであるほうが便利ではあります。
少し遠いところだと、いくら魅力のある場所だとしても切符買って、本数の少ない電車に乗って・・・より、車でスル~と目的地に行ってしまったほうが確かに便利。
ただ、いくら便利とはいえ、実はドライブでのデートを敬遠している女性も意外に多いものなのです。

深く考えずにデート当日に車で彼女を迎えにいくと、場合はよっては彼女に引かれてしますかも?!

初デートにドライブがダメな3つの理由

なぜ、初デートにドライブはダメなのか?

決して「ドライブが絶対にダメ」というわけではないのですが、できるだけ避けた方が無難です。これには3つの理由があります。

車の中の空間は「密室」である

どんなに大きな車だとしても、レストランなどと違って車は狭い空間で、いわば「密室」。
そんな密室の中、男性が運転席に座り、隣の助手席に女性という図は、どうしてもなんとなく圧迫感を感じるものです。
交際期間がそこそこ長くて、もう何度も会っている間柄であれば良いのですが、これまで何度もいってきましたように、お見合い後の交際というのは、一般交際とは違います。
⇒ いきなり交際?

「お見合いではわからないから、もう一度会って確かめよう」からの「交際」なので、この段階でのドライブは女性にとっては重たいものです。

長時間のドライブは沈黙になりやすい

ドライブでいくら近距離の目的地を選んだとしても、車の中にいるのはトータル3~4時間ぐらいにはなります。
会って間もない二人が密室で3~4時間同じを時間を共有するのは、どうしても沈黙になりやすものです。
「車は風景が変わるので、会話には困らない」という意見もありますが、「密室」という空気を重く感じて、風景を楽しむところまではいきません。

会話が滞りがちになると「帰りたい」と思ってしまうこともあります。

トドメの渋滞

当然、車であれば思わぬ渋滞に巻き込まれることもあります。少し走っては止まって、止まっては走って、また止まり。会話は弾まないし、空気は重いし、時間はかかるしで、せっかくの初デートが散々なものになってしまいます。

交際期間が長ければ、そんな渋滞も二人で楽しめることもあるでしょうが、初デートではそうもいきません。

初デート(お見合いから2~3回のデートも含め)は、ドライブを避けたほうが無難な理由をご理解いただけましたか?

もちろん、お見合いでお互いに意気投合して「今度、**へドライブに行きましょう」「はい!喜んで!」となれば、この限りではありません。が、これまで見ているといきなりドライブに誘ったがために、ダメになってしまったというケースはあります。

せっかく交際成立になった間柄。ドライブに誘ったがために重い雰囲気になってしまった。。。なんてことにはならないように気をつけましょう。

私かお勧めしているのは、お見合い後の初デートではランチ。次は、軽くお酒などを飲みながら夕食。そして、近場の水族館や動物園へ行って、打ち解けてきたらドライブもアリです。

 

 

お問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご予約