Chida結婚指南処.の6つの特長

「入会」ではなく「成婚」を目指している結婚相談所
お一人おひとりに合ったサポートで成婚を目指します!

こんなお悩みありませんか?

 icon-comment 仕事に追われて活動をする余裕がない。
icon-comment こんな年齢になってしまったから結婚は難しい?
icon-comment 交際しても結婚にたどりつかない。

その悩みを解決するChida結婚指南処.

特長1  いつでも話せる。なんでも相談できる。臨機応変の対応

電話相談は22時まで対応

電話相談は22時まで
活動をはじめると色々な悩みや迷いもでてきます。特に交際中は悩みや戸惑いが出てくる時も多いものです。
そんな時、アドバイザーに相談できるのが個人型結婚相談所のいいところ。大手結婚相談所のように、きちっとした定休日や営業時間を決めておらず会員の方には臨機応変に対応しています。
アドバイザーへの連絡は、電話、メール、LINEなどの方法からお選びください。
ホットラインは22時ごろまで。 仕事で帰宅時間が遅くなっても大丈夫です。帰宅してから一息ついたところで、ゆっくりとお話ししましょう。

24時間以内に返信します

メールなどのお問い合わせには、休業日以外は24時間以内に返信します。(実際には、休業日関係なく返信していることも多いです。)
「質問しているのに返事がない」ということはありません。

「婚活作戦会議」で軌道修正

アドバイザーchidaとの作戦会議ご入会から2ヶ月~3ヶ月経過する頃、スムーズに活動がスタートできている人もいれば、思わぬところで悩んで立ち止まってしまう人もいます。また、活動を続けていく中で新たな悩みが出てくる場合もあります。
そんな時、お一人おひとりの状況に合ったタイミングで、アドバイザーChidaと「婚活作戦会議」をしています。
「婚活作戦会議」では、それまでの活動内容を一緒に見直し軌道修正するのですが、だからといってアドバイザーが活動の取り組み方を一方的に無理強いするものではありません。ご本人が納得し活動に取り入れることができる内容を導き出すのが「婚活作戦会議」です。
この「婚活作戦会議」をきっかけにして、そこから一気にゴール(成婚)された方は多数いらしゃいます。

アラフォーで結婚したアドバイザーChidaがサポート

入会から成婚までアドバイザーChidaが一貫サポート
「アドバイザーがコロコロ変わる」なんていうことはありません。


Chidaはアラフォーで結婚しました。「この子は結婚しないだろう」と周りからあきらめの目で見られながら、結婚へ至った自身の経験は、この仕事に大いに役立っています。

「婚活」という言葉が一般的になっていながら、家族や友達に悩みを打ち明けられず、また理解もしてもらえないという現実がありますが、

結婚することの大変さを理解しているChidaだからこそ、共感できる部分があると思います。

アドバイザーChidaの自己紹介

特長しっかりサポート!はじめてのお見合いでも安心

いくら「現代版お見合い」といっても、はじめての方にとってのお見合いは何かと不安があります。でも大丈夫。アドバイザーがお見合いの心得をしっかりと伝授します。
特に、初回のお見合いにはアドバイザーが立ち会いお相手をご紹介しますので安心です。

もちろん、初回のお見合いに限らず、その後のお見合いにもできるだけアドバイザーが立ち会います。

特長3  リーズナブルな料金設定

結婚相談所では入会時に〇十万円必要になるところもありますが、Chida結婚指南処.は成功報酬制。毎月の活動費は会話教室などで「習いごと」をするくらいの月会費。
そして、成婚時に報酬として成婚料をお支払いただくシステムです。結婚相手も見つかっていない段階で多額の費用をご用意いただく必要はありません。

「リーズナブルな料金」の理由

「お見合い料が無料のコース」&「お見合い料制のコース」

Chida結婚指南処.の基本コース「アクティブコース」はお見合い料が無料です。
お見合いの回数制限もありません。

「会う」か「会わないか」で迷った時に、お見合い料が有料であれば「会わない」選択をしてしまうかもしれません。

縁は思わぬところにあるものです。 費用のことは気にせずご縁を大切にしていただきたいという思いから、「アクティブコース」ではお見合い料を無料としています。

また、毎月の月会費は低めに抑え、お見合い1回毎にお見合い料をお支払いいだくコース「マイペースコース」もあります。

あなたの活動のペースに合ったコースをお選びください。

特長4  「お見合い婚活」&「手組み」をドッキング

仲人やアドバイザーによる手組み
「手組み」とは、昔ながらのお見合いのお相手探しの方法を言います。
色々な結婚相談所のアドバイザーや仲人が定期的に集まり、プロフィール書だけではわからない会員の方の人となりをお互いに紹介し合い、お相手を探します。
データ上の情報だけでなく、アドバイザーが知るお人柄などを考慮し、アドバイザーのこれまでの豊富な経験を元に考えますので、ご自分では気付かない相性の良い組み合わせが生まれることも多くあります。

もちろん活動のメインは現代版「お見合い婚活」
会員専用のサイトを利用してお相手探し。そこで、相談所を介してお見合いを申し込んだり、申し込まれたりしながら色々な方に出会っていただきます。

現代版「お見合い婚活」と、そこに「手組み」での出会いをプラスし、色々な出会いの中であなたにとってたった一人の人に出会っていただきたいと考えています。

※「手組み」は通常のサービスには含まれておりません。希望した方にのみ特別に提供しているサービスです。

特長5  会員数の上限を決めています。

結婚相談所によっては、ひとりのアドバイザー(仲人)がお世話している会員数が100名というケースもありますが、Chida結婚指南処.は、きめ細やかなサポートをモットーとするため会員数の上限を決めています。

特長6  Chida結婚指南処.は日本最大級のIBJ(日本結婚相談所連盟)正式加盟店

結婚相談所がどの連盟組織に加盟しているのかは重要です

IBJ加盟相談所Chida結婚指南処.
当社は、登録会員数No.1の日本結婚相談所連盟(※)の加盟相談所です。
(※2019年1月 日本マーケティング機構調べ)

Chida結婚指南処.は日本最大級のIBJ(日本結婚相談所連盟)正式加盟店です。

ほとんどの結婚相談所は、結婚相談所の集合体の「連盟組織」に加盟し、その連盟組織を中心とした結婚相談所のネットワークの中でお見合いを組んでいきます。

当然、それぞの連盟組織によって規模は違います。
つまり、会員の総数が違います。
会員数1万名のところもあれば、6万名のところもあります。

規模が大きいということは、月に入会する会員数も当然多いことも見逃せません。だから、

自分が活動する結婚相談所が加盟している連盟組織はどこ?

これがとても重要なことになってきます。

Chida結婚指南処.は連盟組織であるIBJ(日本結婚相談所連盟)に加盟する前は、別の連盟組織に加盟していました。
そこの会員数は1万人(IBJは6万3千名以上)。

1万人でもお見合いは組めるのですが、活動期間が半年、1年と経過していくと、会員の方から「いい人がいない」「何回サイトを見ても、同じ会員しか出てこない」という言葉が聞かれるようになることが多くなります。

そもそも、お見合いが組めないと成婚はあり得ません。

IBJ(日本結婚相談所連盟)に加盟することで、お見合いは普通に組めるようになり、一般的に成婚が難しいとされる40才前後の女性も普通に成婚できるようになりました。

IBJ(日本結婚相談所連盟)は、全国約1920社の加盟結婚相談所とその会員を結ぶ結婚相談所の連盟組織です。
会員数は約63,000人(2020年4月現在)で大手の結婚情報サービス会社と比較しても引けをとりません。

Chida結婚指南処.にご入会いただくと、IBJ(日本結婚相談所連盟)のシステムや、お見合いパーティーを活用し、全国約約63,000人の中から、あなたの結婚相手を探すことができます。
→ Chida結婚指南処.概要

お問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご予約