アドバイザー 千田園子 chida sonoko

婚活アドバイザー千田園子

はじめまして。
婚活アドバイザー 千田園子(ちだ そのこ)です。

約23年、企業と大学でコンピュータ関連の仕事(パソコンインストラクター、社内SE)に従事しました。

一見、異業種と思える今の仕事は、意外にもこれまで長年社会で培ったスキルと経験を十分に活かせる仕事であると実感し、婚活アドバイザーになることを決意。
現在、Chida結婚指南処.の婚活アドバイザーとして、会員の方の成婚を目指し奮闘中です。

生年月 1965年7月
出身地・居住地 大阪
特技 パソコン全般・スポーツ
好きなこと 夫と一緒に旅行や食事すること・野球観戦・WEB作成
好きな言葉 「なるようになる」「人間万事塞翁が馬」
モットー まずはやってみる

「結婚は人生の墓場」と思っていた独身時代

アドバイザーChidaは「25才は売れ残りのクリスマスケーキ」と言われる時代の中で39才で結婚しました。
今の年齢に置き換えたら「50才で結婚」ぐらいのイメージなのかもしれません。

実は、独身の頃は「結婚は人生の墓場」と思っていました。

結婚していく周りの友人たちをみて「どうして自ら『墓場』に行くんだろ?しかも、あんなにうれしそうに」と思っていたぐらいです。

会社はブラック。家に帰ってもブラック。

そうこうしているうちに、あっという間に気がついたら30代半ば。
同時に、親がとても重たくて実家の居心地がものすごく悪い状況でした

当時働いていた会社はブラック。家に帰ってもブラック。
心の休まる場所がなく疲弊していました。

一人暮らしを目論んでいたものの「お金を稼ぐようになったら、すぐにそんなことを言うっ!」と怒る親にどうしても逆らうことができなかったあの頃の私。

実家から抜け出す唯一の方法は「結婚」。
でも、結婚は「墓場」。
そもそも肝心の結婚相手はいない。
「どうする私?」で悩みは深くなるばかり。

そんなグチを周りに吐き出せたらいいですが、吐き出そうものなら逆にお説教をくらったりして、疲れ倍増なんてこともあり、いつも一人で悩んでいました。

一人で考え込んでいると、悩みが悩みを呼んでさらにウツウツしてますます疲れがたまっていきます。

悩みの無限ループに陥るとなかなかそこからは抜け出せません。

「早く結婚しないと!」で追い詰められていく

周りからは

「早く結婚しないと!」
「いい人いないの?」
「選びすぎなんじゃない?」
「もっと、〇〇したらいいのに」

と、色々余計なことを言われることも当然ありました。

その度に、心の中ではここには書けないような痛烈な言葉が(「人の結婚のことより、アナタのその〇〇〇を心配したらどう?」みたいな言葉なのですが^^;)思い浮かんだりしましたが、笑顔を浮かべつつグッと飲み込んでもいました。

「結婚をしていない」というだけで、周りから色々な言葉が飛んできたわけですが、その言葉の多くには、解決策はなく、人格否定されているような気もして、どんどんとコーナーに追い詰められていきました。

私のためを思っての言葉ではなく、ただの思いつきで無責任な言葉の垂れ流しだったと言えます。

ガンガンガツガツで上から引っ張り上げることはしない

そういった経験を経ているせいか、Chidaはガンガンガツガツ系で上から引っ張り上げるサポートというより、「会員の活動に伴走して、(後ろから)背中を押す」をモットーにしています。

これまで成婚退会していかれた元会員の方からはこんな声をいただいています。

※「成婚アンケート」より一部抜粋 ご本人の了承を得て掲載

  • 「千田さんは、意見を押し付けるのでもなく、かといって遠慮気味に発言するでもない」
  • 「親身になって活動状況を聞いてくれて、的確にアドバイスしていただきました。」
  • 「(成婚までに時間がかかった会員)時間がかかってしまい、ご心配をおかけしました。私の性格を考えて見守ってくれていたのでしょうね。」
  • 「近すぎず、遠すぎず、適度な距離感でアドバイスや相談に乗っていただけて良かったです。」
  • 「温かく見守ってくださり、また元気(気合?)をくださり、本当にありがとうございました。」
  • 「お見合い会場でお相手と引き合わせて下さったり、マンスリーレポートなどでこまめに気にかけて下さる一方で、活動自体は自由にすることができ、かつ、必要な人に的確なアドバイスをいただきました。」
  • 「要所要所で色々アドバイスしてくださり、ありがとうございました。」
  • 「いつも成婚を目的にするのではなく、私にとって何がベストなのか?という目線で考えてくださり感謝しています。」
  • 「的確に私の性格を見抜いていただき、私に合ったアドバイスを分かりやすくしてくださったので、それに添って行動していくだけで、何をどう動けば良いのか色々悩んでしまうわたしにとっては、とても心強かったです。」

悩み多き独身時代を過ごした私は、夫と出会って39才で結婚したわけですが、結婚してはじめて「実は結婚っていいものだったんだ」と知りました

やはり、何事も経験してみないと分からないものです。

自分の「結婚」を考えはじめる動機は人それぞれ。

「幸せになりたい」
「子供が欲しい」
「家庭を持ちたい」
「一生ひとりは嫌」
「親から離れたい」
「今の状況から抜け出したい」

動機にいいも悪いもありません。

何らかの動機で、自分の「結婚」を考え始めたり、悩んでいるならとりあえず一歩だけ前に踏み出してください。

「結婚相談所」は相談できる場所だから「結婚相談所」。

アドバイザーChidaが、あなたの婚活に伴走し背中を押します。

お問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご予約