結婚相談所の「決められない男」のなぜ?

結婚相談所の「決められない男」

お見合い後、交際成立。そして、

・ほぼ1週間に1度程度のデート。
・会っていると楽しい。もちろん、彼も楽しそう。

となると、「これは、もしかして結婚が決まるかも」と期待しませんか?

実際、結婚相談所で交際に入って

・ほぼ1週間に1度程度のデート。
・会っていると楽しい。もちろん、彼も楽しそう。

この状態が2ヶ月、長くて3ヶ月も続けば、即、成婚!もしくは、成婚まではいかなくても真剣交際になるパターンです。
結婚相談所の「真剣交際」については↓を参考にしてください。

でも、真剣交際に移行する状況なのに、困ったことにいつまでも彼女との「結婚」を決められない男性がいます。

もっと、いい人がいるんじゃないか?

ちなみに、ここでは、彼女との「結婚」を決められない男性の話で進めていますが、これは、何も男性に限ったことではありません。
彼との結婚をなかなか決められない女性もいますので、誤解のないように。

さて、話をもどします。

結婚相談所で出会った交際中の彼が、なかなか結婚に踏み切れない人だと困ってしまいますよね。

そもそも、男性はなぜ、次のステップ(結婚)に進めないのか?

いくつか理由はあるのですが、ひとつは、プロフィールがそこそこ良いので、苦労なくお見合いができる。つまり、出会いが多々ある。

これが、あるのではないかと感じています。

結婚相談所で交際に入った彼女のココが少し気になる。となると、お見合いするには困らないのでまた、別の人とお見合いをする。

そして、「ちょっと、決め手がないな」と思ったら、また、別の人とお見合いをする。

そんな男性の言い分は

「結婚は人生で一度のこと。そりゃあ慎重にもなりますよ。」

分からなくもないのですが、慎重に選び続けるにしても、逆に、決め時がいつまでたってもやってこないともいえます。

「もっと、いい人がいるんじゃないか?」
「もっと、もっと、いい人がいるんじゃないか?」
「もっと、もっと、もっと・・・」

こうなってしまうと、「いつ、決める?」「どんな人だったら決められるの?」です。

一方、そんな男性と交際にしている女性からすると、他の人とお見合いしているとは思っていないので(薄々、感じているかもしれませんが)、いつまでたっても進展しないとなると不安になります。

そんな時、どうすれば良いのでしょう?

ハッキリしない彼への対処法

お見合い後、デートはほぼ1週間に1度はしている。それに楽しい。でも、次のステップになかなか進まない。
彼からお断りする様子もいまのところない。
だったら、プロポーズするまではいかなくても、せめて“真剣交際”になってもいいんじゃないの!?

こんなふうに色々悩みだしたときこそ結婚相談所の出番です。

結婚相談所の担当(アドバイザーや仲人)に相談してみてください。

きっと、お相手側相談所に彼の気持ちや活動状況を確認してくれるはずです。

そこから、今後の進め方を結婚相談所の担当(アドバイザーや仲人)と一緒に考えます。

ようは、結婚相談所をうまく利用、うまく頼る。ということです。

過去に、同じようになかなか進まないカップルがいたのですが、chidaをダシ?にして成婚まで進んだこともあるのですよ。

例えば、この↓成婚物語のカップルもそうです。

もちろん、これはケースバイケース。毎回、うまくいくわけでもないでしょう。

ただ、いつまでたっても決められない相手と交際することで、貴重な時間がなんとなく過ぎていくことは避けるようにしてください。ということです。

結婚相談所は「相談するところ。相談できるところ」はたえず頭の片隅に置いておいてください。

お問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご予約