結婚相談所の“入会直後”に気をつけること

結婚相談所の入会直後に気をつけること

結婚相談所に入会することを決めて、必要書類も揃えて、写真もスタジオでバッチリ撮ってもらった。
「これで手続きはすべて完了!」となると、いよいよ活動がスタートになります。

この活動スタート直後は、不安と希望が交じりつつもやる気満々

「やってやるぞ~」
「絶対に結婚する!」

と思っていることでしょう。

が、しかし、やる気満々になっている時こそ気をつけることがあります。

婚活に大切なこと

結婚相談所の入会直後に気をつけることより前に、そもそも婚活に大切なことはなんだと思いますか?

もちろん、“素直”、“目標を持つ”といったこととか、お見合い時の服装、会話、言ってはいけないこと・・・等々、挙げだしたらキリがないぐらいたくさんあるのでしょうが、それよりも先にくるのが

まずは、できるだけ“楽しむ”です。

「この人は結婚相手としてどうなんだ?」と、まるで相手を値踏みするように観察していては、大切なものが見えません。心だって動きにくい。

だから、いったん「この人は結婚相手としてどうなんだ?」は横に置いておいて、

お見合いを楽しむ
交際を楽しむ

ということなのですね。

“楽しむ”ことに邪魔なもの

婚活をはじめたら、できるだけ「お見合いを楽しむ」「交際を楽しむこと」が大切なのですが、その“楽しむ”ことを邪魔するものがあります。

結婚相談所への“入会直後”に限ってでいうと、“邪魔するもの”、それは“やる気”です。
といっても、もちろん“やる気”を持つことが悪いのではありません。“やる気”は無い方がいい・・・なんてこともありません。

でも、程度問題です。

前のめり過ぎる“やる気”が、時には楽しめない状況を作るということです。

楽しめない状況を作る“やる気”

結婚相談所に入会直後は、誰だってやる気満々。
だから、婚活初心者の方は、いきなりお見合いをどんどん申し込みもうとしてしまいます。

が、私は入会直後に、こんなことを会員の方には伝えています。

入会直後は、申し込まれること(=申し受け)が多い傾向にありますので、1週間ほど様子をみることをお勧めします。

つまり、自分から申し込むことはグッと我慢して、どれぐらいの人数の方が、どんな方が自分にお見合いを申し込んでくれるのか?を見てください。ということです。

入会直後は、申し受け(=お相手側からの申し込み)の人数は、多い傾向にあります。(といっても、これはかなり個人差はあります。)

申し受け(=お相手側からの申し込み)がどんな感じなのか様子をみることなく、はじめからどんどん申し込みをしたり、その間に申し受けをOK(=受諾)したり・・・、そのうちに、申し込みをした方からもOKがきて・・と、気がついた時には、お見合いだらけ。

お見合いしたらしたで、交際成立する場合だってあるはずです。すると、デートだってあります。(意外とこのデートのことを忘れている人がいるんですね~)

お見合い、お見合い、デート、お見合い、デート・・・とならなくもないわけです。そして、挙句の果てに「疲れました」の言葉を吐いてしまうことになります。
もう、楽しむどころではありませんよね。

“やる気”は大切。でも、それも程度問題。

ご自分に合ったペースをつかめるまでは、入会直後は1週間ほど様子をみて、無理のないように、気持ちに余裕を持たせつつ、お見合いや交際といった活動を楽しむようにしてください。

お問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご予約