顔が好みじゃない。でも、そんな理由で断っちゃダメと自分を責める

お見合い相手の顔が好みじゃない

お見合いの待ち合わせ場所に来た彼の顔を見て・・・

 タイプじゃない!顔が好みじゃない!

こんな風に思ったことはありませんか?

意外とこんな時は、何がどう好みじゃないのか?と聞かれると、明確に答えられないことも多いのですが、とにかく「タイプじゃないし、顔が好みじゃない」ということなのですね。

顔が好みじゃない。でも、そんな理由で断っちゃダメと自分を責める

以前、こんなことがありました。

ある日のお見合い。
Chidaは、お二人をご紹介するためお見合い立ち合いました。

待ち合わせ場所で、Chidaのところの女性会員さんと二人でお話ししながら待っていたところに、お相手男性が・・・。

まずは、Chidaがお相手男性に話しかけます。

 Chida:
「失礼ですが。***さんですか?」

 男性:
「はい。そうです!^^」

男性はニッコリ笑顔をずっと絶やさずハキハキとお返事。とっても爽やかさんです。

そして、私が女性をご紹介している時もニッコリ笑顔が続いています。それを見ながら

(なんてステキな笑顔なんだろう~)
(とってもイイ感じの男性だなぁ)

と思ったものです。そして、こうも思いました。

(きっと彼女も彼のこと気に入るに違いない・・・)

意外な返事

意外な返事
お見合い後、女性会員さんからお見合いのお返事の報告があったのですが、意外なことに「(返事に)すごく迷っている」とおっしゃいます。

(ご紹介の後にお見合いの席で何かあったのかな?)と気になって理由を聞いたところ

「顔面が・・・生理的に無理な一歩手前でして、こちらのコンディションが悪かったら無理な感じです。」

男性に対して、Chidaが持った印象は『ステキな笑顔だな~感じイイな~』
女性会員さんが持った印象は『顔がタイプじゃない。生理的に無理』

これ、みごとに真逆な印象ですね。

この時あらためて、人に対する印象というのは、人によって違うものだと思ったわけですが、もちろんChidaは無理強いはできません。ただ、これだけは付け加えました。

お顔は慣れることも多々ありますので、例えば、この方と交際になった場合「2回会ったけど、やっぱり無理だ。お断り」の考え方もアリだと思います。

つまりは、今、判断するんじゃなくとりあえず交際希望にしておいて、結果、交際成立になったら複数回会ってみて、生理的に無理な状態が続くのかどうか?を確認するのもアリ。ということです。
どこの結婚相談所でも似たようなアドバイスはするものと思いますが。

結局、女性会員さんはどうしたのか?というと

顔はタイプじゃないし、生理的に無理な一歩手前。でも、話は楽しくできたし(人間的に)ステキな人なので交際希望。

結果は、お相手男性も交際希望で交際成立しました。

交際成立したからには、あとは、デートしてみて「やっぱり無理」なのか「慣れた。平気になった」なのかを確認すればいいのです。

そんな理由で断っちゃダメと自分を責める

意外な返事
「顔がタイプじゃない」「生理的に無理」がお断りの理由と聞くと、聞く人によっては

「なんか上から目線だな」
「選べる立場なのか?」
「相手だって選ぶ権利があるっとこと忘れてないか?」

そんな風に思う人もいるかもしれません。

が、そうではないのですよ。

そんなこと、人から言われなくったって本人が一番分かっています。

「顔が好みじゃない。タイプじゃない。でも、もう私は**歳。そんな理由で断っちゃダメなんだ」と自分を責めたり、「何回か会ってみないとわからないよね」と自分に言い聞かせたりしていることも多いのです。

そこのせめぎあいで悩んでいるのです。

結論:生理的に無理ならしょーがない

何回かデートしてみて、「やっぱり顔がタイプじゃない。好みじゃない」と感じてしまうなら、これはもう本当に”生理的に無理”、”生理的に合わない”ということです。

生理的に合わないのに、「頑張って合わさないといけない!」と考えることもありますが、「そこ、頑張るところじゃない」です。

生理的に合わないって言葉にして説明できないものですが、無理なものは無理。しょうがないです。
切り替えて、次、行きましょう。


個人アドバイス『ふたりお茶会』

お問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご予約