ある日の「婚活作戦会議」

ある日の婚活アドバイザーとの作戦会議

Chida結婚指南処.では、アドバイザーchidaと会員さんとのふたりで「婚活作戦会議」をしています。

「婚活作戦会議」は、活動の見直し、気持ちの仕切り直し、ついでに、カツの入れ直しというところでしょうか。

といっても、堅苦しいものでも厳しいものでもありません。会員さんと「あーでもない」「こーでもない」と楽しみつつ真剣にやっています。

それに、そもそも強制的なものでもなく、「会員さんからご希望があれば」という形である時期から行っています。

誰にでも必要なものではないですからね。うまくいっている人に作戦なんて必要ありません。「今の調子でいきましょう」で十分ですから。

こんな人には「婚活作戦会議」

ご入会から2ヶ月~3ヶ月経過する頃、スムーズに活動がスタートできている人もいれば、思わぬところで悩んで立ち止まってしまう人もいます。

あるいは、活動を続けていく中で新たな悩みが出てくる場合もあります。

そんな時に、お一人おひとりの状況に合ったタイミングでするのが「婚活作戦会議」というわけです。

「婚活作戦会議」ではこれまでの活動内容を見直し、必要であれば活動の軌道修正をします。

この「婚活作戦会議」から、風向きが変わって、一気にゴール(成婚)された方もおられるのですよ^^

ある日の「婚活作戦会議」

婚活アドバイザー千田との作戦会議
ある日の女性会員さんとの作戦会議でのメモです。
会員さんも同じように色々書き留めつつ頭の中を整理していかれていました。

作戦会議の中では、ご入会時にも同じことをお話していることも出てくるのですが、案外、活動をはじめると忘れてしまうものですし、活動をしてからであらためて聞くことで「なるほど」と腑に落ちることもあるのです。

この日の「婚活作戦会議」では「結婚相手に求めるものは何か?」をとことん突き詰めました。

深く掘り下げて考えていくと、会員さんご自身が「自分は、意外と『年収』や『年齢』に重きを置いていない」ということがわかりました。

とはいえ、分かってみてももちろん抵抗する気持ちが出てきます。私にじゃなくて、ご自身に。

「うぅぅぅぅ・・・それはちょっと(出来ません)」
「それは・・・うぅぅぅ・・・(嫌です)」

でも、最後には「やってみます」と決意。

そこから、今後の活動を「こうして」「ああして」「こうしていこう」と決まっていきました。

「婚活作戦会議」のその後・・・

不思議ですね。

「婚活作戦会議」をした後、しばらくして男性から申し込みがあったのですが、その人がまさしく運命の人でめでたくご成婚されました。

すべて「婚活作戦会議」の成果!とはもちろん言いません。

ただ、「婚活作戦会議」が結果的にうまく働いた思えるポイントが2つほどあったと考えています。

  1. 「婚活作戦会議」で「結婚相手に求めるものは何か?」が明確になっていたこと。
  2. 本気で「やる」と決められたこと。

1.に関しては、今までのこの会員さんだったら、そもそもこの男性のお見合いの申し込みを受けていなかったと思われます。

「結婚相手に求めるものは何か?」が明確になっていたことで、あまり気乗りはしなかったかもしれませんが「受けてみよう」と思えたのではないかと考えます。

2.に関しては、以前は「結婚する!」「活動する!」が決めきれていませんでした。
でも、作戦会議でようやく本気のスイッチが入ったことでご縁を引き寄せたのではないかと考えるのです。

結婚は「ご縁」です。でも、やみくもに動いていても今の時代なかなかご縁を引き寄せられませんし、引き寄せても掴み取ることはできません。
婚活するにしても、時には作戦立てつつ、あなたにとってたった一人の人に出会ってください。

お問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご予約