新型コロナウイルス感染症対策としての取り組み

結婚相談所あるある「お見合い1人目の人が良かった」

contents

「お見合い1人目の人が良かったな」

結婚相談所での活動が1年を超えてくると、こんな言葉を聞くことがあります。

1人目じゃないにしても、2人目とか、3人目とか、とにかく最初のほうに出会った人が良かったと・・・。

どうしてその時に選べなかったのか?決められなかったのか?
理由はいくつか考えられるのですが、

  • 婚活初心者だったからか「1人目で決めるのは早い」「よくわからなかった」
  • 「もっといい人がいるんじゃないか」「もっと、もっと・・」で見逃した。

といったところでしょうか。とはいえ、場合によってはリベンジはできます。

でも、そもそも、ひとつ大切なことを忘れています。

あの〇〇だからこそ、あのご縁に恵まれた

あなたがいつその1人目に出会ったのがのかは分かりませんが、もし結婚相談所での活動が1年、2年と経過しているとしたら、それは、

あなたは、今より若かった。
あの時のあの年齢だからこそ、あのご縁に恵まれた。

とも言えます。

結婚相談所の世界では、女性の場合“35歳ボーダーライン”を語られます。

35歳になると成婚への道のりの難しさが増すということなのですが、念の為に言っておくと別に35歳だけがボーダーラインではありません。

千田(ちだ)が思うに“39歳のボーダーライン”もある。と感じています。
どちらにしても1つ年齢を重ねるごとに難しさは増すわけです。

もっと分かりやすく言うと

34歳だったからこそ、あの人とのお見合いが成立し交際になった。
38歳だったからこそ、あの人とのお見合いが成立し交際になった。

ということです。

実際、40代ぐらいの男性の方は、

本音は30代前半の女性がいいですけど・・・上は38歳までですかね

という言い方をする人が多く、「39歳までなら」とか「40歳までなら」と聞くことは少なくなります。

あ、だからといって別に35歳だからとか、39歳だから結婚が無理といっているのではありません。そこは誤解しないでくださいね。

40歳越えても成婚されている方は大勢いらっしゃいますから。

婚活スタートダッシュ

婚活スタートの時こそ力をいれる

入会した時期がその人にとっては一番若い時期だからこそ、千田(ちだ)は入会時には力を入れます。
婚活のスタートダッシュ、やっぱりこれは大切にしないと。

プロフィール内容や写真はもちろんのこと、公開する(会員専用サイトでのプロフィール書の公開)のタイミングも考えるのはこのためでもあります。

だから「お見合い1人目の人が良かった」という言葉を耳にすれば、「まぁ、そうでしょうね」なのですね。

これは、選んでもらえるように下準備をしっかりした結果ですし、
繰り返しになりますが、その人にとって一番若いタイミングだった結果です。

入会直後に申し込まれた人達、申し込んだ人達。は、よくよく大切にして欲しいと思います。

くれぐれも逃した魚は大きかった!にはならないようにしてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
contents
閉じる